美術の習い事の価値。子どもの頃に美術を習うと身に着く3つの力

「子どもに絵を習わせたい」「表現する力を付けてほしい」「子どもに芸術的なセンスを身に付けさせたい」と考えるご家庭は美術がおすすめです。

美術は正解がなく、「常識」や「決まりごと」にとらわれないため、クリエイティブな発想を育てるのにうってつけのレッスンです。

子どもの創造力や独創性が育つため、将来クリエイティブな職業で力を発揮する可能性があります。

仕事も生き方も多様性が求められる現代は、創造力豊かなクリエイティブな職業は重宝されるでしょう。

また、美術には答えがないからこそ、たくさん試行錯誤をしながら、納得がいくまで自分の作品を追及できます。

MOCOPLAの美術レッスンは、子どもにとって最高の遊び場でありながら、学びの場として、お絵かき・工作・共同制作などを通じて、創造力や独創性を育てていきます。

本記事の内容
  • 美術を習う価値を紹介する
  • MOCOPLAの美術レッスンを紹介する
目次

美術を学ぶ価値

美術 価値

美術は、疑問力思考力表現力を育てるレッスンです。

  • 疑問力:物事に疑問を持ち、問題提起する力
  • 思考力:問題の解決の過程を考える力
  • 表現力:思考したことを言語や音楽、絵画などを通じてアウトプットする力

この3つの力は、美術や芸術といった分野だけではなく、様々な学習や仕事においても役立つ能力です。

疑問力と思考力が育つ

美術は、物事をよく観察して、自分らしい感性で表現することが求められます。

例えば、リンゴをデッサンすることで、リンゴの赤色は単純な赤色ではなく、微妙に黄色や緑色、オレンジ色も混じっていることを学びます。リンゴの形は単純な円形ではないことや、影の落ち方や形、色の濃さが見る角度によって違うことを学びます。

よく観察することで、日常生活では気にも留めないことの中にも疑問に思うことは沢山あり、「虹はどういう条件で生まれるのか?」「なぜ空は青く、宇宙は暗いのか?」「海の水はなぜしょっぱいのか?」など、美術を学ぶことで様々なことに「なぜ?」と疑問を持つ力が育ちます。

「なぜ?」という抽象的な疑問を持つことが学習の原点であり、それを深く思考する力は、さまざまな問題を解決していく力に直結します。

表現力が育つ

リンゴのデッサンの例でいえば、リンゴの色を表現するために、色を複雑に組み合わせて表現します。

人はアウトプットする度にオリジナルの表現をしますが、美術を学ぶことで表現力が豊かになります。

表現力は、コミュニケーションシーンでも役立ち、自分の意見をしっかりだれかに伝えたり、わかりにくい物事をわかりやすくアレンジして説明することで、良好な人間関係を築くのにも役立ちます。

クリエイティブな仕事の選択肢が生まれる

美術は正解がなく、「常識」や「決まりごと」にとらわれないため、クリエイティブな発想を育てるのにうってつけのレッスンです。

子どものうちからクリエイティブな活動を続けることで、将来の職業の選択肢が広がります。

デザイナー、クリエイター、プログラマーなどは、クリエイティブな発想が求められる職業であり、子どもの頃に身に付けた感性が将来の仕事に活かせます。

一言にデザイナーといっても、Webデザイナー・ゲームキャラクターデザイナー・ 建築士・インテリアコーディネーター・ファッションデザイナーなど、様々な選択肢があります。

仕事も生き方も多様性が求められる現代は、創造力豊かなクリエイティブな職業は重宝されるでしょう。

MOCOPLAの美術レッスン

美術 レッスン

MOCOPLAの美術レッスンには3つの特徴があります。

子どもの好奇心や興味関心を重要視する

MOCOPLAの美術レッスンは、遊び感覚で楽しみながらも、美術のもつ疑問力や思考力、表現力や情操を育てるプログラムとしています。

「上手な作品」をつくることよりも、子どもの好奇心、興味・関心を表現することを重要視しています。

様々な表現技法をお手本として紹介しながら、絵を描くことや、ものを作ることの楽しさが学べます。

その子自身の持っている、素敵な世界をたくさん表現できるような授業をしています。

美術レッスンのカリキュラム

MOCOPLAの美術レッスンは、絵画(デッサン・水彩・スケッチ等)や、木工工作・割箸アート、粘土などの幅広い活動を行います。1回レッスンで完結するプログラムと、何回かに渡って行うプログラムがあり、子どもたちの関心が高いプログラムは、何週かにわたって行うこともあります。

美術 レッスン

授業は、「見て」「考えて」「理解」してから作り(描き)始めます。

まずは「どんなものを作りたいか」をイメージさせ、そのためにはどこに何色を使えばいいのかなどを、子ども自らが考えるように誘導します。

子どもに合わせたプログラムの提供

子どもの送迎、宿題の指導、一緒に遊ぶなど、長時間一緒に寄り添うスタッフがレッスンを担当します。

日常的に関わり、子どもたちの性格を理解しているスタッフが指導するため、子どもたちの性格や興味関心に合わせたプログラムを構成します。

目次
閉じる